園内ガイド

tonbo06.svg

岸和田市中央の丘陵地帯にある蜻蛉池公園。ローズガーデンやあじさい園、水仙郷、花木園では美しい季節の花々を観賞できます。
また、ゆったりと水辺の空間を満喫できる水と緑の音楽広場、蝶やとんぼの形をした大型遊具のある子供の国、テニスや球技が楽しめるテニス村があります。
小さなお子さまから大人の方まで幅広い年齢層の方々に安らいでいただける総合公園です。

公園案内
#
全ゾーンで45種類もの遊びのアイテムがつまっている、フィールドアスレチックスです!
※遊びのアイテムごとに対象年齢が分かれています。
#
オオルリアゲハをイメージしたさわやかなブルーの遊具です。ボールトランポリン、大玉ころがし、段々砂場、ウェーブ滑り台などいろいろな遊びが楽しめます♪
#
カラフルなウッディロープをよじ登って、スピード感あふれる全長56メートルのローラーすべり台にトライ!
#
丘の上のカラフルな「タワー滑り台」をはじめ、楽しい遊具が点在した広場です!蜻蛉池公園では唯一ブランコがある広場です☆
※トンボやチョウの遊具のある「子供の国」から見て、道路をはさんで反対側 ...
#
大池に面した回廊風シェルターや水辺のステージのある芝生のじゅうたんが美しい広場。
周囲には春秋にはたくさんのバラが咲き誇り、まるで西洋の宮殿にいるかのよう。
お弁当を食べるのも ...
#
春と秋のシーズンには約200種・2,300株のバラが楽しめます。岸和田の「だんじり」にちなんだ品種も。
大池を望むガゼボをはじめ、たくさんの彫刻はヨーロッパの雰囲気を演出しています。
#
6月には約40種10,000株の色とりどりのアジサイが咲き乱れ、壮観です。春にはつくし、冬から初春にはクリスマスローズもご覧いただけます。
#
藤棚を中心にツツジ、ユキヤナギ、レンギョウ、ハナミズキ、ムクゲ、クチナシ、コブシなど、春を中心にさまざまな花が楽しめます。
#
例年1月の見頃には、約60,000株のニホンズイセンが、斜面一面に可憐な花を咲かせ、甘い香りを漂わせます。
#
広大な敷地に広がる芝生の上で、バドミントンをしたり、お弁当を食べたりと、家族でふれあう絶好の場です。
※野球等の球技はご遠慮ください。
#
花木園や子供の国の入口に位置しています。
高台にあるので、遠くの和泉山脈の山々をきれいに一望できます。
#
風に運ばれる種子をイメージした展望台。
360度見渡せ、晴天なら、大阪湾、明石海峡を望むことができます。
#
野原で広場周辺のケヤキ並木は、秋になると紅葉し、一段と美しい風景になります。また、かえで池の周りも真っ赤なもみじ色に染まり、秋を感じながら散策できます。
#
大池にはキンクロハジロやホシハジロ、ヒドリガモなどが見られます。時には珍しいミコアイサ(パンダガモ)がいることも。
一年中いる水鳥(白鳥やアヒル)も人なつっこくて、すぐ近くまで寄ってきます
#
子供の国にある広場です。人工の小川(流れ)をはさみトンボやチョウのある遊具広場に併設しています。
遊具で遊んだあとは流れのほとりでピクニックなど、双方一体的にご利用頂ける広場です。
#
木々に囲まれて広大な野原では、バドミントンやキャッチボールなどが思いっきり楽しめます。
#
現在失われつつある里山の風景をイメージし、環境整備をしているふれあいの森は2007年にオープンしました。森の中にいるような雰囲気で、草花、昆虫などの自然観察ができます。
#
かえで池奥にひっそりと広がるの小さな谷間です。
カエデの木が数十本まとまってみられます。
秋の紅葉はもちろん、初夏の新緑もまた美しく、里山内の隠れスポットとなっています。
施設案内
#
1000人収容の観覧席を備えた本格的なテニスコートで、競技大会などに利用できます。
#
コート面は足に優しい砂入り人工芝ですから、硬式テニスはもちろんソフトテニスもOKです。
#
とんがり帽子のエキゾチックな屋根が目印のスポーツハウス。
テニスやゲートボール、軟式野球やサッカーなどをゆっくり楽しんでいただけるように、シャワー室、更衣室、トイレ、ミーティングルームなど ...
#
軟式野球、ソフトボール、サッカー、ラクロス、キックベースボール、また運動会にも利用できます。
#
屋根つきの休憩ベンチがある広々としたコートで、ゆったりと和やかに競技ができます。
#
野原の広場と水と緑の音楽広場に隣接しテーブル・チェアを配した休憩スペースとして
イベント時にはオープンカフェとしてご利用いただけます。